アプリエンジニアのための技術情報サイト

Category: Gaprot × 超技研

Page 1/4

AI/ML分科会

Object Detection API を使って物体検出を試してみた

はじめに 今回はObject Detection APIを使用し、弊社社員を元データに物体検出を試しました。以前に pytorch で SSD300のネットワークモデルを構築して、物体検出をやったことありますが、 Dat... 続きを読む

AI/ML分科会

うまい棒のパッケージ判定器を作ってみた

はじめに 毎年恒例、ハロウィーンの時期になるとうまい棒が600本届き、ハロウィーンパーティをします。 そして、今年はうまい棒40周年だそうです! 折角なので、大量のうまい棒をスマホで撮影し、画像認識をさせて、何味か当てる... 続きを読む

xR分科会

Unity 2019.3「 Device Simulator 」で UI を配置してみた

はじめに Unity 2019.3 から Game View の新モードの Device Simulator が追加されました。 わざわざ実機にビルドしなくても、 Unity エディタ上で各端末のレイアウトの確認ができる... 続きを読む

イメージ:AzureSpatialAnchors

xR分科会

Azure Spatial Anchorsを触ってみた

はじめに 今回は、 AR 空間のアンカーをクラウドで共有できる Azure Spatial Anchors を触ってみました。 ARCore や ARKit にも Cloud を介してアンカー共有をする機能は存在しますが... 続きを読む

イメージ:ARFoundation

xR分科会

ARFoundationを触ってみた

はじめに 今回は、 Unity 向けに ARKit と ARCore の機能をまとめた AR Foundation について調べました。 開発環境 Unity 2019.1.1f1 (2019.1以降が推奨されています)... 続きを読む

イメージ:SceneViewer

xR分科会

SceneViewerを触ってみた

はじめに 今回は、 ARCore1.9で追加された SceneViewer を触ってみました。 SceneViewer とは、スマホのブラウザ上で AR を動かすことができる機能です。 ブラウザと ARCore 以外のア... 続きを読む

イメージ:ARCoreAndARKit

xR分科会

ARCoreとARKitの比較

はじめに ※ Unity 向けの SDK についての記事です。 前回、2019年以降の ARCore の新機能、変更点をまとめました。 今回は、それらの新機能、変更点を中心に ARKit の同等の機能と比較をしていきます... 続きを読む

イメージ:ARCore

xR分科会

ARCore Ver1.9を試してみた。

はじめに ※ Unity 向けの SDK についての記事です。 先日、 ARCore の ver1.9がリリースされました。今回は、2019年に入ってから ver1.9までのバージョンアップで追加された新機能や、変更点に... 続きを読む

AI/ML分科会

MLKit について調べてみた

はじめに 最近、巷では機械学習がモバイル開発でも流行ってきてますね。​​ しかし、同時に機械学習は色々と大変な印象も受けるものではないでしょうか。 なのでモバイル開発でも簡単に使えそうな昨今の機械学習の機能を試してみよう... 続きを読む

イメージ:HoloLens

xR分科会

今どきの HoloLens 開発環境ってどうすればいんですか!

はじめに ついに先日、全哺乳類待望のHoloLens 2が発表されました! いやー3年ぶりの新作ですよ、3年。長かったですが、長かっただけあって予想を超える製品が出てきそうで今からワクワクが止まらないですね!! さて、ハ... 続きを読む

Powered by

Theme by Anders Norén