ギャップロ

アプリエンジニアのための技術情報サイト

Tag: Android

Page 1/7

vr

xR

MLKitで顔をリアルタイムで検出してみた(実装編)

はじめに この記事はMLKitで顔をリアルタイムで検出してみた(準備編) の続きです。 // あとでURL差し替えます。 前回の記事で下準備が完了したので、今回から実際にアプリを作っていきます。 カメラプレビュ...

vr

xR

MLKitで顔をリアルタイムで検出してみた(準備編)

はじめに 前回はAndroidプラグインの基本的な作り方についての記事を書きました。 今回は応用編として、MLKitで顔をリアルタイムで検出して、その位置にマスクをかけるアプリを作ります。 UnityのWebCamTex...

pickup

xR

Unity向けAndroidネイティブプラグインの作り方

はじめに UnityでMLKitを使う記事を書いていたら、Androidプラグインの準備の段階だけで1つ記事になりそうなくらいだったので分割しました。UnityでMLKitを使う記事は次回にしたいと思います。 本記事は「...

pickup

モバイル

ELM327でシフトインジケータアプリを作成・実装編③

ELM327でシフトインジケータアプリを作成・実装編②からのつづきです。 システム開発部のTです。今回は車ネタってことで、ELM327を使ってAndroid版シフトインジケーターアプリを作ってみたので、そのことについてお...

pickup

モバイル

ELM327でシフトインジケータアプリを作成・実装編②

ELM327でシフトインジケータアプリを作成・実装編①からのつづきです。 システム開発部のTです。今回は車ネタってことで、ELM327を使ってAndroid版シフトインジケーターアプリを作ってみたので、そのことについてお...

IoT

ELM327でシフトインジケータアプリを作成・接続確認編

システム開発部のTです。今回は車ネタってことで、ELM327を使ってAndroid版シフトインジケーターアプリを作ってみたので、そのことについてお話したいと思います。実際のコーディングについては、次回ということで、今回は...

イメージ:AzureSpatialAnchors

xR

Azure Spatial Anchorsを触ってみた

はじめに 今回は、 AR 空間のアンカーをクラウドで共有できる Azure Spatial Anchors を触ってみました。 ARCore や ARKit にも Cloud を介してアンカー共有をする機能は存在しますが...

イメージ:ARFoundation

xR

ARFoundationを触ってみた

はじめに 今回は、 Unity 向けに ARKit と ARCore の機能をまとめた AR Foundation について調べました。 開発環境 Unity 2019.1.1f1 (2019.1以降が推奨されています)...

イメージ:SceneViewer

xR

SceneViewerを触ってみた

はじめに 今回は、 ARCore1.9で追加された SceneViewer を触ってみました。 SceneViewer とは、スマホのブラウザ上で AR を動かすことができる機能です。 ブラウザと ARCore 以外のア...

イメージ:ARCoreAndARKit

xR

ARCoreとARKitの比較

はじめに ※ Unity 向けの SDK についての記事です。 前回、2019年以降の ARCore の新機能、変更点をまとめました。 今回は、それらの新機能、変更点を中心に ARKit の同等の機能と比較をしていきます...

  • 1
  • 2
  • 3
  • ...
  • 7
  • Next →
  • Powered by
    Up-fronttier.inc

    Theme by Anders Norén