トイレの空き状況問題

長年の懸案事項であった「トイレ空き状況わからねぇ」について、近年はスタッフの増加とともに利用者も増え、問題が大きくなって来ました。そこで、運用に耐えられるトイレ監視システムを作成するべく、隙を見て少しずつ作成したその成果をご報告いたします。

過去の挑戦はこちら

このように、文章書いているときまで忘れていましたが、過去3回もチャレンジされていました。

背景

  • 過去記事見てね

方針

  • とりあえず運用する

材料

  • ラズベリーパイ3B+ x2個
  • リードセンサ x2個
  • デジタル光量センサ x1個
  • node 、 GPIO 、 I2C 、10k 抵抗、ハンダ、色々 少々
  • firebase x1個

システム構成

全体構成

構成図

男子トイレシステム

  • 個室が2つある方
    • リードセンサメイン

回路図

女子トイレシステム

  • 個室が1つある方
    • 光量センサメイン
    • ラズパイはアナログ入力できないので、デジタル光量センサ
    • 回路図は I2C を繋げただけなので省略

完成

そして出来上がったのがこちらです。会社にある大きなモニタに、トイレの空き状況をデカデカと表示することができました!

トイレには、こんな感じでひっそりとラズパイが設置してあります!

公開後は評判も良く、すぐに重宝され、有効活用されました!

さらには

さらにこの仕組みを社内に公開したところ、数日の間にデバイス・クライアントを作る猛者がいました。その中から一部をご紹介。

トイレ監視ツール

トイレが閉まると、音声とともに光る、謎のクリスタルタワー!

bot

トイレの状況を問い合わせ可能。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このシステムを作ったことにより、社内のトイレ事情が劇的に改善してしまいました!どこの開発会社も、トイレの混雑状況は問題になっていると思います(多分)。是非このトイレシステムを参考にしていただき、快適なトイレライフを送りましょう!


Facebook Comments